難聴者に役立つ便利アイテムについて

皆様いかがお過ごしでしょうか?

秋も終わりに近づき朝晩が冷えるようになってきました。温暖差で風邪を引かないよう服装には十分注意しましょう!!

 

さて、今回は難聴者に役立つアイテム「日常生活用具」についてお話をしていきたいと思います。

 

各地方自治体には、申請者の経済状況・身体的状況・家庭及び住宅環境などを調査し、必要だと認められた場合に「日常生活用具」と呼ばれる物を交付する制度があります。

 

この制度により、屋内信号装置(光・振動・音などでお知らせする装置)や、火災警報器・携帯用信号装置など生活に役立つ物を申請することが出来るのです。

 

写真1(10月21日分)
↑ 強力な振動と光が発生する目覚まし時計(ベルマンアラームクロック)

 

写真2(10月21日分)
↑ 強力な光で部屋のどこにいても来訪者に気がつける(フラッシュ受信器)

 

写真3(10月21日分)
↑ 遠くに離れた人を呼ぶのに便利な呼び出し装置(ツーウェイウィンブル)

 

しかし誰でも申請出来る訳ではありません。障害者手帳の等級や上限額など細かな条件がありますので、詳しくは各自治体の障害福祉課にお問い合わせください。

2020年10月21日
2020年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
TOPICS

総合補聴器サービスミミプラザ

ミミプラザは福島・郡山・新白河にネットワークをもつ総合補聴器サービスです。「聴こえる安心」「聴こえる喜び」をミミプラザがベストサポートします。