補聴器はどこで購入するべきか

補聴器の購入をお考えの方へ、補聴器は一体どこで購入すれば一番よいのか、補聴器販売店の選び方をお伝えしますね。

 

現在補聴器の販売は「認定補聴器専門店」・「めがね屋」・「家電量販店」・「ドラックストア」等、多くの業界が取り扱いを行っています。

 

では、その多くの販売店の中で、どこで補聴器を購入するのがベストなのか?

補聴器を購入する上で、まず販売店側に確認をしてほしいことがあります。

①その販売店に「認定補聴器技能者」という資格を持った販売員がいるかどうか。

「認定補聴器技能者」は公益財団法人テクノエイド協会が厳しい条件のもと、基準以上の知識や技能を取得していることを認定し、付与する資格です。

どんなことを学んでいるかというと

・補聴器販売に関わる法律

・耳の構造や病気

・音響学

・補聴器の性能や機能

・補聴器のフィッテイング 等

記載した項目以上に分厚いテキストを何年も何日もかけて学んでいるのです。

資格取得までの道のりも長く1年2年で取得できるものではありません。

耳鼻科医との連携も必須です。

つまり!!

認定補聴器技能者というのは補聴器をお客様のお耳に合わせるために多くの知識を得、どのフィッテイングがお客様に一番合うかをよくわかっている販売員という事になります。

認定補聴器技能者のいない販売店ではお客様のご要望に対応できない可能性もあるのです。

 

そして、もう一つ大事なのは

②「認定補聴器専門店」であるかどうか。

認定補聴器専門店とは

公益財団法人テクノエイド協会に認定された補聴器販売店です。

補聴器を販売するにあたり、設備をしっかり整えなければなりません。

20200805安達HP用写真(認定補聴器専門店ロゴ)

つまり、結論としては

「補聴器の技術や知識を持った認定補聴器技能者(補聴器のプロ)がいて、耳鼻科医との連携もとれ、設備がしっかり整っている販売店がよい」という事になりますね。

 

補聴器は買って終わりではありません。

聴力が変動すれば、変動した聴力に補聴器の音の出方を合わせ直し(フィッテイングし直し)を行わなければなりません。

購入する上で、きちっとした補聴器の説明(メリット・デメリット)があり、信頼のおける販売員のいるお店で購入されると、購入後のアフターケアも安心して行えるのではないでしょうか。

2020年8月5日
2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
TOPICS

総合補聴器サービスミミプラザ

ミミプラザは福島・郡山・新白河にネットワークをもつ総合補聴器サービスです。「聴こえる安心」「聴こえる喜び」をミミプラザがベストサポートします。